レンドルミンの作用時間

レンドルミンの効果について

レンドルミン

レンドルミンは、睡眠薬の1つです。レンドルミンは睡眠薬と呼ばれる中でも、睡眠導入剤の部類なので医師の処方が必要になります。従って市販では購入できない薬なのです。

 

レンドルミンには、寝つきを良くして眠りに導く効果があります。手術などの麻酔前に使用されることもあります。


レンドルミンの副作用

レンドルミンの副作用としては、残眠感、昼間の眠気、ふらつき、めまい、頭痛、だるさ、倦怠感が出る場合があります。しかし、レンドルミンの作用時間は短く、覚醒までの時間も比例して短いため、服用後の集中力や注意力などの低下もそれほど多くないと言われています。

 

レンドルミンは、このように同じ作用時間が短時間型の睡眠薬であるハルシオンと比べても副作用が少ない睡眠薬と言われています。それは、裏を返せば効果も弱めということです。レンドルミンで快眠が得られるようならば、より強い睡眠薬を使用する必要もありませんから、医師に相談してみましょう。

 

効果が弱いと言われているレンドルミンでも、副作用が全くおきないわけではありませんので使用する際は十分注意してください。長期服用では、依存性が出る心配もあります。

 

レンドルミン 薬に頼らない不眠症治療の方法はこちら


メタボ